圧着ハガキを利用して多くの相手に情報を届けましょう

郵便ポスト

学校が圧着ハガキを利用する様々なシーン

色々な郵便物

高校や専門学校などが生徒や保護者向けに情報を発信するときには、圧着ハガキを活用する方法があります。確かに最近ではメールで連絡事項を伝えるケースも多いですが、読み忘れが発生する可能性も極めて高いです。しかし学校が差出人になっている圧着ハガキを自宅に届けると、保護者会や各種説明会などの情報を正確に伝えることできます。また学校が圧着ハガキの作成は専門業者に依頼するときには、小ロットの印刷サービスを積極的に活用するべきです。100枚程度でも注文可能な業者を利用すると、学年単位で重要事項を伝達したい場合にも役立ちます。また在校生向けに情報を伝えるだけではなくて、入学希望者向けに情報発信するときにも圧着ハガキは非常に便利です。学校説明会などのイベント参加者に対象を絞って広告郵便を送ることが、低コストで効率よく生徒を募集するためのポイントです。また募集用の郵便物を送るときには、良いタイミングを見極めることが重要です。特にオープンキャンパスの直前に郵送すると、イベントの参加率を大幅に高められるメリットがあります。また往復ハガキタイプの印刷プランを活用すると、学校に興味を持つ人たちからの資料請求も効率的に受け付けることができます。